暮らし感光案内vol.10「地域と未来に続く暮らし」

「見ることの観光から、感じることの感光へ。」訪れた方とまちの人々が出会い、ちいさな化学変化が起きたら。岡崎の暮らしに光を当てて、少しずつ伝えていきます。

SHOP

2021.03.04 UP

二七市→wagamama house→籠田公園→abundantism

二七市

【午前】
毎月2と7がつく日に行われている朝市の「二七市(ふないち)」
普段はない赤と緑の横断幕が張られていると、遠目でもわくわくする空気が漂っている感じがします。
朝は7時頃から買い物が出来て、12時には撤収してしまうので、10時頃までに行くのがおすすめ。

戦後の闇市が発祥で、昔は通り一帯にお店が並んでいたそう。
今でも、野菜・乾物・お茶・花・果物・魚・漬物などのお店が並んでいて、 日にちや季節によっては履物屋さんや苗屋さんなども。

串カツ屋さんのところで常連さんが昼前から飲んでいたり、 きっといつものやりとりなんだろなという、お店とお客さんのやりとりがあちらこちらで見られます。

イレギュラーな日程ではありますが、実は12/31もお正月準備のために市が開かれていて、とても賑わっています。

歩いて、眺めて、買って、話をして。
いつもの景色が非日常になる。そんな体験ができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

wagamama house

【昼】
ランチやお惣菜の販売を中心に運営している「wagamamama house(ワガママハウス)」 併設の「Lilo」のお菓子やケーキでお茶もできます。

2016年にリノベーションスクールの案件としてオープンしてから、お母さんたちが自分たちらしく、心地よい仕事の仕方、暮らし方や繋がり方を常に考えて、その時々に合わせていつも事業形態をアップデートしていっています。

2階では学習塾、1階では様々な人がワークショップを開いたり、出店でアクセサリーや野菜を売る人がいたり。 イラストをかける人や布を扱える人など色々な人が集っています。

元気をもらえる優しい味のごはんを食べながら、色々な人とのおしゃべりで、気付いたら長居をしている。 あたたかいひだまりのような空間と皆さんの人柄に癒されたくて、つい行ってしまう場所です。

平日しか空いていないので、タイミングが合う時にぜひ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

籠田公園

【昼】
2019年の夏にリニューアルした「籠田公園」
名鉄東岡崎駅から木製の桜城橋を渡って、中央緑道を通った先にある、みんなの憩いの場所です。
もともとあった芝生の気持ち良い雰囲気はそのままに、綺麗になって、空間の使い方が変わるだけで、こんなにも自然と人が集う場所になるのかと驚いたことを覚えています。
星野リゾートのランドスケープを手掛けたデザイナーが設計したと聞いて納得。

家族連れが遊び、学生が歌ったり踊ったり勉強したり。
仕事の途中で休憩する人の姿や、お年寄りが小さな音楽会をしていたり。
土日を中心にイベントが行われていたり、キッチンカーが出たり。
近隣にどんどん素敵なお店が増えているのも、この公園が真ん中にあるからではと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

abundantism

【午後】
階段を登った2階。古着やリメイク服を中心に、オリジナルブランドの服や雑貨やアクセサリーも扱う「abundantism(アバンダンティズム)」
近くにある「wagamama house」で、こども向けの造形教室も開いていて、自分の思いや考えを素直に自由に表現することは、確かに服も造形も一緒だなと感じます。

楽しさ、面白さ、ワクワクすること。
お店を見渡しても、扱うものを見ても、話を聞いても。それが一番だよねという思いが伝わってきます。
1周年記念に黒い服ばかり集めて黒歴史も飾ってしまうイベントが「黒展」だったり。 岡崎が石材と加工の産地でもあったり、お客さんとのやりとりから「石」にフォーカスした展示をしてみたり。

扱っている服の話を聞いても、共感することばかり。
再生原料を使っていて乾きも早くてかっこいいブランドや、 大量生産大量消費の真逆を行く、こだわりのつまった素敵なオリジナルセットアップ。
服がすきで、服を取り巻く様々な問題を知っているからこそ、 自分たちにできることを気持ちの良いバランスで、提案や紹介を楽しくしてくれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(背景・二七市・籠田公園 写真/小財美香子)
(他 写真/山崎翔子)
(文/必殺!暮らし感光案内人:山崎翔子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二七市

愛知県岡崎市八幡町1丁目

0564-22-3290(二七市事務局/開催日の9:00~12:00のみ)

毎月2日・7日・12日・17日・22日・27日の午前中(雨天は中止)

wagamama house

愛知県岡崎市八幡町2-30

0564-77-5007

11:30~16:30
月・土・日定休

籠田公園

愛知県岡崎市籠田町6

abundantism

愛知県岡崎市籠田町13 デジタルスタジオワン2F

070-4462-3491

10:00~18:00
火曜~金曜定休

https://abundantism.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

暮らし感光案内vol.10「地域と未来に続く暮らし」

「見ることの観光から、感じることの感光へ。」
訪れた方とまちの人々が出会い、ちいさな化学変化が起きたら。 岡崎の暮らしに光を当てて、少しずつ伝えていきます。