暮らし感光案内vol.8「暮らしを彩るものたち②」

「見ることの観光から、感じることの感光へ。」訪れた方とまちの人々が出会い、ちいさな化学変化が起きたら。岡崎の暮らしに光を当てて、少しずつ伝えていきます。

SHOP

2020.12.15 UP

MATOYA→coletocole→La Trouvaille

MATOYA

【午後】
作家の器やアクセサリーなどを扱うクラフトショップ「MATOYA(マトヤ)」
綺麗で整っているものに、こだわりや捻りが込められたものたちを選ばれている印象。アート作品を家に飾るイメージで、素敵なものが購入できます。

漆器や伝統的なスリップウェア技法などの器、淡い色が混じり合った器や有機的なガラスなどと共に、トロント発のインク、現代的なダルマやマトリョーシカ、艶やかなキャンドル、色鮮やかなアクセサリーなども並びます。

3階にある店舗からは、籠田公園や街路樹の緑がぼんやり見えて、逆の窓から差し込む美しい光が、店内を小さな美術館のように見せてくれます。
店舗は、机や棚を含めて、ほとんど自身の手でDIYして仕上げたそうで、優しく柔らかな印象の店主の熱さや美意識も同時に感じられます。

アングルでは、バーの食器や棚に飾っている物たちを購入させて頂きました。
先日は作家個展に合わせたトークイベントの会場にもアングルを使用いただき、まちに住む人、宿泊される人、宿泊でなくてもわざわざ訪れた人と、気持ちの良い混じり合いとグルーヴのある一夜になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

coletocole

【午後】
ドライフラワーやグリーン、様々な国の古道具などを扱っている「coletocole(コレトコレ)」
籠田公園の横の印象的なガラス窓、店内にぎゅっと詰められた素敵なものたちに心が躍るお店。ドライになった草花やリース、スワッグと共に、植物を飾るための道具から、食器やガラス製品、籠や木製品などが並んでいます。

近隣のイベントに出店されていたり、ドライフラワーを使ったワークショップも開催していたりするので、どこかで見かけた方もいるかもしれませんね。
近くのフラワーショップベルブの店主に紹介されて、ここでお店を開かれたそうで、いまでも名古屋から毎日通っているとのこと。
柔らかな物腰の人柄や接客に触れると、いつも温かい気持ちになります。

アングルでは先日の「GOOD TIME BOAT」や「結婚パーティ」の装飾の時など、いつもお世話になっています。様々な空間やイメージに合うものを素敵な草花を使って作っていただけます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

La Trouvaille

【午後】
フランスのアンティークを扱っている「La Trouvaille(ラトルヴァイユ)」
岡崎は、面白い素敵なお店ほど入り口がわかりづらいのですが、ここはその中でも1位2位を争うのでは。2階にある店舗の入り口は表通りからは見えず、横の駐車場の脇から階段を登って入ります。

スプーンにフォーク、グラスに食器、椅子や机、棚やライト。
こだわりを持って買い付けをし、美しく並べられたものたち。
それを見ていると、本当にすきな人に来て欲しいから、この店舗なのだろうなと思わされます。
実際に、扱っているものを求めて、遠方からも訪ねてくるそう。
探しているものや、商品について伺うと、いつもとても丁寧に教えてくれます。

アングルでは正面の印象的な木製のシャンデリアを購入させて頂きました。
これは20世紀のフランスのアンティーク。
状態もいいので「現代作家のものですか」と聞かれることもしばしば。
佇まいだけでも美しいのですが、夜に明かりを灯した姿を見ると、ここにあって本当によかったなと、毎回思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(MATOYA 写真/小財美香子)
(他 写真/山崎翔子)
(文/必殺!暮らし感光案内人:山崎翔子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MATOYA

愛知県岡崎市籠田町12 ワタナベビル3F

電話番号なし

11:00 ~ 18:00
水曜定休日

 https://www.matoya.net

coletocole

愛知県岡崎市伝馬通1-26

電話番号なし

11:00 ~ 18:00
木曜定休日

 https://www.instagram.com/coletocole_shop/

La Trouvaille

愛知県岡崎市連尺通 3-20 2F

0564-23-8312

11:00~17:00
水曜・木曜定休日

 http://www.la-trouvaille.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

暮らし感光案内vol.8「暮らしを彩るものたち②」

「見ることの観光から、感じることの感光へ。」
訪れた方とまちの人々が出会い、ちいさな化学変化が起きたら。岡崎の暮らしに光を当てて、少しずつ伝えていきます。